アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
SOUND OF FOREST
ブログ紹介
音楽活動の活動具合を日記に綴っていこうと思います。
zoom RSS

近況is

2017/05/29 22:20
久しぶりの更新になります。

おかげさまで例大祭も無事に終えることができました。
遅くなりましたが、スペースにお越し下さった方々及び関係者各位に深く感謝いたします。

今回の雪ルの新譜どうでしたでしょうか。すごくなってませんか。
すごくなってます。

今回はいつも依頼させていただいているappliceさんに外注できる見通しが全く立たなかったので、
ミックスマスタリング共に徹雄氏がやってくれたのですが、これがとてもいいですね。

特にマスタリング、あんまり詳しくないのでよくわかってないのですが、センターのボーカルの圧を最優先に稼げているというか、、、
決して自分のようにマキシマイザー突っ込んだだけではないことが窺い知れるというか、、、
総じてとても聴きやすい。いい。。。

歌詞もちょうど曲のカラーにゲドウのまっすぐな感じのそれがとてもよく合っててこれもいいですね。
自分が担当していたらクッソしょうもないバンプパロとか入れてしまって台無しにしていたと思います。ベストマッチですね。

自分のアレンジはといいますと、2枚出す予定の新譜のうち一枚は自分の担当でしたが、落としました…すみませんでした。
結局1曲も仕上がりませんでした。
ですので今回、結果オーライ的に自分はボーカルに専念できたのですが、新譜の音源聴いてて、思うこと。
ボーカルも向上していませんか。
向上しています。

練習量、従来が1だとすると10ぐらい練習してます。頑張りましたね。えらい。
おかげで声量とピッチが見違えてよくなりました。じゅんいちダビットソンのモノマネがしたくなる感じです。します。伸びしろですねえ!

実際のところ最終的にコンプかけてピッチ修正するので仕上がりには実はそんなに影響がないのですが、
地力があがってきたおかげで次の課題も見えてきました。
今後は歌い方というか、演技力についてもうちょっと研究してからレコーディングに臨みたいと思います。
どこまでボーカルから同人臭さを取り除けるのかという試み。

ちなみに今回のレコーディングからノイマンのあのクソ高いマイク使ってます。
笑えるぐらいいい音でとれますので、自分の歌のいい部分もうんこな部分もくっきりわかります。
これもかなり仕上がりに影響してきたんじゃないかと思います。
そしてもっと録り音の音量差を無くさないといけない。
あとたぶんもっとしっかりデッドな環境で録らないといけない。
そんでオーシャンウェイスタジオリバーブとかかけたい。
課題と欲望は尽きない…



そして話は変わりますがおかげさまでライブのお誘いをいただく機会も増えてきまして、うまくいけば年内にはどこかしかでなんらかのイベントにお邪魔させてもらうことになるかと思います。

とりあえずまずはベーシストを探さねばならない。。。

具体的に決まりましたらツイッターのサークルアカウントで告知致しますので、
何卒よろしくお願い致します。



新譜の曲の歌詞等々はまた後日


記事へトラックバック / コメント


水無き深海

2016/05/11 23:26
https://soundcloud.com/gedou/xfd-1

「ノクターン」

原曲:幻視の夜
作詞:ゲドウ
ギター:黒柳徹雄

破いた暦に 染みる夏の影
しがみついたのは誰の声

少し目を閉じて 夜が明けたなら
全て夢の中に消える

灯せない色の中
僕は花を見てた
あざやかな陽に焦がれ
君を待っていた

やがて陽は陰り 色を失って
夜へ向かう全て忘れて

君はそれを見て 指を絡ませる
躊躇いがちにそれを摘む

あぁ、うつろに乾き 土に還る
あぁ、届かぬ 光を抱きながら

揺れる影法師 繰り返すノイズ
漏れた声と滲む雨音

褪せて散らばった
幼い想いを
枯らすために色を探す

歩けるかこの夜を
光に溺れても
せめてこの喉もとに
絡む指を刺すトゲに

灯せない色の中
僕は花を見てた
鮮やかな陽に焦がれ
君を待っていた




「砂の城」

原曲:リジッドパラダイス
作詞:ゲドウ
ギター:黒柳徹雄


上辺だけで撫でた甘い約束
咲く季節を待たず風に吹かれ

知れない明日を語る君はいつでも
僕の知らない言葉ばかり使うんだ

二人なら雨の音も
今を縫い付ける糸だった
涸れた涙がつもる
この褪せた砂の城に

覚えたばかりの仕組みをなぞった
おざなりの答えを君は待った
動かない針と横たわる時が
指をすり抜けてあの日に帰る

君の使う僕が知らない言葉は
それでもと願う心を名付けたんだ

失う恐さならば
こんなにも近くにあったのに
君のようにそれを忌む
心を名付けれたら




「昔日」

原曲:ピュアヒューリーズ
作詞:森
ギター:森

Die my sworn foe
In the cold dark
With the great pain
With the remorse
See your fail
Beg for your life
No matter what,I kill you

I loved my happiest days
It had washed away my old pleasure

So the crying time solves nothing
Here is why this pure furies doesn't disperse away
You know I have lose myself
I'll keep calm and hate you fiercely as an old stager
Or die trying

Nothing is there
Who's calling my soul?
Is the story really in truth?
Coz' I live here
I remember your name and this furies

記事へトラックバック / コメント


Frozen Sight

2015/11/03 01:23
原曲:無何有の郷 〜 deep mountain
編曲:森
作詞:森
歌 :森

Every white fills as snow with anything to live
It is called "lingering cold"
She carries east

朽ち果てゆく命を 覆い尽くす雪風
光も熱も音も 凪いだ世界に抱かれ

繰り返すこの心 いずれ溶けて消えゆく
手放すのは容易く それでもただ愛しい

凍てつく時の中で 君を探すのは何故
誰もが忘れた今 自分がいる それだけ

Every white fills as snow with anything to live
The end is Certainly passing by
The beginning will come again

Every white fills as snow with anything to live
She is alone,and she is sad.
What torments her?


Every white fills as snow with anything to live
The end is Certainly passing by
The beginning will come again

Every white fills as snow with anything to live
It is called "lingering cold"
She carries east
記事へトラックバック / コメント


グロウアッシュ

2015/11/03 01:18

原曲:神さびた古戦場 〜 Suwa Foughten Field
編曲:ゲドウ
作詞:ゲドウ
歌 :森

うかない顔で眺めていたんだ
尽きない訳の揺らいだ瞬間
君はそれを抱えてきた
君はそれを適えてきた

凍てない月は無難な歌で
止まない雨は終わりをなぞる
儚い声はあの日の影を
つれて明日を燃やしていった

夜は静かに風を切って
ひたすら僕を遠ざけていく
見えない背中は世界だった
見えない背中は世界だった

昇る光は窓の外で
白と黒を深めていった
枯れない花は壊れていった
枯れない花は美しかった

あかない扉 冷めた方法論
ありもしない世界こそすべてと

灰になる 声を 空へと還す時は今
名も知らぬ 心へ向かって

花の名前を忘れていた
それは深く色づいていた
割れたからだは横たわった
ここがそうだとしらをきった

乾く喉にまとわりついた
赤と黒が静かに散った
あるく速度が分かりきった
使い果たす時がわかった

焼けつくした幻想を抱えて
過ちだとしてそれがこれから

灰になる 許し難い物語の中で
立ちのぼる 心を求めて
心だけでいい

花の名前を忘れていた
それは深く色づいていた
枯れない花は美しかった
枯れない花は確かにあった

うかない顔で眺めていたんだ
尽きない訳の揺らいだ瞬間
君はそれを抱えてきた
君はそれを適えてきた



記事へトラックバック / コメント


空即破戒

2015/11/03 01:13
空即破戒

原曲:感情の摩天楼
編曲:森
作詞:森
歌 :森

白む朝に酷く醒めた 気怠げな余韻
囁くのは甘い言葉 見え透いた嘘も
まるで其れが消えぬものと 知っていたかの様に
解れて尚 この身を擦る
お前の其の指が

嗚呼其れは過ち
拭い去れぬ罪と消えぬ咎
幾重に絡まる
後悔に縛られていく


蓮の華は清らかに咲く 泥に身を擡げ
この世の業 哀しみなど 識らぬかの様に
変わらぬなら変われぬなら せめてお前だけ
色即是空 空即是色
お前は何処に在る

儚い嘘で繋ぎとめた 遠き日の誓い
例え其れが信じた道に 背く事とて
「ならば誰が為に」
「己が為に」
世界の総てを識る
昏いこの道を進む足に

絡む糸を
解いてくれ
お前の其の指で
記事へトラックバック / コメント


こいし

2014/10/11 19:06

やがて声は 遠い空 夜を越え
瞬いた光はその後
隠していた音すら 忘れて
日暮らしの枯れた声

明かりに誘われ迷い込む 森の闇
知らずうち繋いだ 手と手
交わす言葉 光射す夜明け
失う痛みになど
気付かなくて

赤と白の憧れ
高く遅過ぎた心の壁
時の流れと歌うと決めた時
閉じた目は誰かの悲しみ

白と黒へと焦がれ
浅く心に咲いた死を堪え
色を晒し黄昏を探して
行方は過ちを辿る道

息を止めて
やがて消えて
恋した世界に沈む
色褪せた幸せを


遠く続く道の脇 小さく
ラナンキュラスに目を留めれば
強く咲いた 想いを重ねて
空を見上げ立ち尽くす




咲きわたる 花弁が
その形を変えてゆく
それでも幸せを


忘れるのは 総て悲しい
事だなんて 決して違うと
君の言葉 今は面影も消えて

やっと知った 心の在り処と
やっと知った 心の痛み
報せぬまま 忘れてしまった言葉
記事へトラックバック / コメント


egoist

2014/05/04 20:23
雪風ルーフ「egoist」

原曲:妖魔夜行
作詞:ゲドウ


夜を超えたら何処へゆくのか
誰も知らない君の姿を追いかけた
煤けた街の灰のビロードに
燃え盛るのは失くした過去赤い瞳

なんとなくじゃもう
生きれないな
這いつくばった
カナリアみたいな声で叫ぶ

抱きしめても
抱きしめても
足りないから
サヨナラした

ざらつく風
ざらつく匂い
後悔はない
君とひとつになる

砂に混ざった
痩せた幻想は
白波のような
夢だろう

混ざり合う青
擦り切れた夜空
諦めるように
日常は鉛に溶けた

ここからじゃもう
届かないね
ワンダーランドへ
こびり付いた血と鉄にむせぶ

満たされても
満たされても
足りないから
サヨナラした

ここからじゃもう
戻れないね
ワンダーランドへ
転がり込むのは
口のきけないハニー

抱きしめても
抱きしめても
足りないから
サヨナラした

ざらつく風
ざらつく匂い
明日僕は君を迎えにゆく

記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

SOUND OF FOREST/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる